ameblo_banner.jpg

2010年01月08日

もののけ姫

DVC00066.jpg
皆さん、


金曜ロードショーが



もののけ姫ですよ。


ジブリアニメで断トツ
好きなのが








ヤックル♪

泳ぎも頑張る。
走りも跳ぶように早い。




アシタカも好き。

かっこええ。






ジブリで一番好きです。



深い。
posted by EICO at 22:55| 東京 ☀| Comment(0) | EICOの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカのサプリメント事情

おはようございます♪

今日はサプリメントのお話です。
サプリメント.jpg
サプリメント大国といえば「アメリカ」。

上の写真は以前、エステ王子こと小野浩二さんから
アメリカお土産に頂いたカルシウムタブレット!


ドラッグストア(薬局)では、
ずらーっと何十種類ものサプリメントがたくさん並んでいて圧巻です。

アメリカでは日本よりサプリメントが一般家庭に普及しています。

さらに法律によって定義されています。
「ハーブ、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養成分を1種類以上含む栄養補給のための製品」
(※1994年DSHEA(ダイエタリー・サプリメント健康教育法)制定。)


日本はというと
サプリメントは「栄養補助食品」とされています。

「食品」です。医薬品ではありません。


では、なぜアメリカではサプリメントがこんなに厳しく管理されて、
市場にたくさん種類があるのでしょうか。

その鍵は「保険制度」にあります。

日本は国民皆保険で、
税金で補っているので、病院での診療負担額は少ないです。

しかし、アメリカではそうではありません。
国民の約3割近くが保険に未加入といわれています。
アメリカの保険は個人か団体契約です。


読者の貴方が
もし会社員の方なら【社会保険】に入ってらっしゃると思いますが、
アメリカには社会保険は存在しません。


病気になったら、高額な医療費を自己負担しなければいけません。


だからこそ、予防医学が発達しました。

「病気にならないようにする。」

その為に
健康のために必要な栄養素を補助してくれるサプリメントが発達したのです。


日本では病気になったらすぐに病院に行きますが、
アメリカではそうではないのですね。


「わかった!!じゃあ、海外旅行行ったときにサプリメント買ってこよう!」
って方、ちょっと待って!


アメリカで買ったサプリメントを日本に持って帰るときに
注意してほしいのが、
薬品成分が入ったサプリメントは
日本では処方箋が必要になり、輸入禁止になっているものがあります。


日本のサプリメントもどんどん進化しています。

ただ私たち消費者の目がもっと厳しい目を持つ必要があると思います。




最近の日記はダイエット知識が多いです♪

私の近況もちょこちょこ載せていきますね。

では
今日も一日がんばりましょうーーー!!!!







posted by EICO at 09:28| 東京 ☀| Comment(2) | ダイエット知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。